« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年3月

2022年3月28日 (月)

2022/5/4-7に小笠原諸島父島に行く予定です(JD1BMT)

3/8のおがさわら丸GW便電話予約開始が偶然つながったため、5/3-8で8回目の小笠原諸島、父島に行くことになりました。

まんぼうは現在解除されていますので、今のところ行けない理由は無いと思います。

ワクチンは同行者含め全員3回接種済です。

おがさわら丸も席数制限緩和です。

(3/28現在、瞬殺で満席になっています)

現地には5/4 11:00到着、5/7 15:30出港の予定です。

今回は老いた両親と一緒に行き、観光重視のためアマチュア無線の運用は出来ないかも知れません。

日中は毎日何らかのアクティビティに参加予定です。

当然ですがおがさわら丸乗船前に義務付けられているPCR検査で陽性となったり、戦争や台風、まんぼう発出等の社会的理由、航空路減便などの行く手段の封鎖により当日中止もありえます。

アマチュア無線的にはあまり期待されませんことをお断りします。

今年のGWは長いので、JD1からは他にもたくさん出てくると思います。

おがまるパックで扇浦の3人部屋の宿を取っているため、今までの境浦の宿とは少し離れています。

東京都小笠原村でQL17ccですので、混乱を避けるために運用時は/なんとかは付けずJD1BMTで出ます。

P1_20220328204601

今回はIC-705 最大10Wでの運用です。

いつもは機材の宅配便先送りをしますが、今回は出来ない(しない)ので手搬入の範囲内です。

アンテナはLW程度で大したものは用意できないと思います。

FT8はともかく、SSBでの内地とのQSOはEスポでも出ないとほぼ無理ではないかと思っています。

パドルは持参予定で毎回数局はCW QSO出来ていますが、ヘボオペなのでほとんど出ないと思います。

宿の部屋は山側と聞いているため部屋からの運用は困難で、恐らく扇浦海岸に移動しないと困難だと予想します。

なお、小笠原村は条例で野営禁止なので、夜中に海辺で運用したら警察沙汰になる可能性があります。

画像はダイポールSSB10W父島広島間を仮定したVOACAPでの伝搬予測です。

20m一択なのが分かると思います。

なるべく開けたら強力なハイバンドに出たいとは思っていますが、3アマ以下の方にはちょっときついかもしれません。

2アマは講習会でも取れますので、これを機に取得を目指すのも良いと思います。

万一聞こえていましたら呼んで下さい。

過去の運用はこちらをご覧下さい。

QSLカードはQRZ.comにポリシーを書いてありますが、紙QSLカードの発行はSASEを頂いた場合以外は現状考えていません。

eQSL.cc,LoTWでお願いします。

JARLビューローでviaホームコールは「日本局」なので届きませんし、転送会費を払っていないので受け取れません。

ビューロー経由で送ってこないようお願いします。

|

2022年3月27日 (日)

スーパーカブ110(JA10)で小豆島を一周してきた(からかい上手の高木さんと生そうめん) #スーパーカブ

P4_20220327163701

昨日土曜日は大雨でしたが、今日は良い天気になったので小豆島まで行ってきました。

P5_20220327163901

小豆島北東部のさぬき百景福田海岸はきれいでした。

P6_20220327164101

APRSはまあまあ残っていました。

海上は良く残ります。

127kmで2.1lだったので60.4l/kmと大変優秀な燃費でした。

ちなみに内海港付近のSSで給油して376円だったので179円/lでした。

見て分かると思いますが、新岡山港から土庄迄両備フェリーのおりんぴあどりーむで、帰りは土庄港から宇野まで代船のめおん2でした。

P7_20220327164501

前者はいつもながらきれいな船で、普通にWiFiも飛んでいます。

足元には席によってはAC100Vコンセントもあります。

P8_20220327164701

後者は通常は高松男木島女木島の航路に使われている船のようでした。

P9_20220327164901

中々味のある船室内でしたが、古いですね。

4月に瀬戸内国際芸術祭が始まるので、現地ではもう少し新しい船が就航しているのかもしれません。

P10_20220327175201

小豆島ふるさと村で生そうめん700円を頂きました。

腰がものすごく強くて細いさぬきうどんのような食感で、そうめんとは違う食べ物に思えました。

普通のそうめんも600円で食べれたようです。

P11_20220327175501

前回来た時はスルーしてしまったので、今回は高速船のりばを見てきました。

これはセブンイレブン側(元サークルKがエリアフランチャイジーごとセブンイレブンになったので離島に店舗が出来た)です。

前回載せたラッピングフェリーの左舷に使っているスチールと一緒です。

P12_20220327175701

こちらは海側、船から見える側です。

一応違う宣材スチールを使っていますね。

P13_20220327180101

前回は見ただけだったラッピングタクシーは、今回はしっかり見れました。

ワンボックスだったような記憶があるのですが、まあいいや。

P14_20220327180301

2階のとのしょうBASEにも入りました。

P15_20220327180401

奥行きが大変短く、左右がやたら広いのでちょっときついかな。

P16_20220327180601

P17_20220327180701

P18_20220327180801

まあ頑張っていると思います。

P19_20220327180901

リーフレットが2なのが残念。

3期を放送中なので間に合わせでも置いた方が良いのでは。

映画もあるし。

|

2022年3月20日 (日)

スーパーカブ110(JA10)で福カブに行ってみた #スーパーカブ

P4_20220320154401

ついったで株鷲のツイートを見ていたら福カブというのがあるらしいので行ってみました。

場所は神辺です。

10:30-11:00集合ということで11時前に着きましたが、32台程度集まっていました。

4miniならスーパーカブ縛りは無いのでモンキーとかカワサキKSRとかスクーターもありましたが。

滞在中は雑談だけの緩い集まりでした。

株鷲でもそうでしたが、ナンバーは殆どが原付二種で、ほぼ全員自動二輪の免許を持っているのではと思います。

井原市のナンバーは左右が狭いんですね。

ナンバーは井原笠岡から尾道あたりまでの備後地域ばかりで、遠くは安芸高田市や海外の今治市なんてのもありました。

ご当地ナンバーばかりで羨ましいです。

岡山倉敷は少しいました。

P5_20220320154901

今回は電装関係のやり直しをしてスマホへUSB PDで充電するようにしたので走行中バッテリーが減る自体は回避できました。

TH-D74は直結なので5W出ていました。

車載の方法ですが、12V電源は1000円位で鍵裏から取るハーネスを売っているのでそれを使っています。

アンテナはダイヤモンドの3000円位でUボルトで丸パイプにモービルホイップを取り付けれるアパマン用です。

同軸ケーブルは車で使っていたMメス-SMAオスの4m程度ですが、2mあれば足りると思います。1m未満はきついでしょう。

アンテナは今は亡きマルドルの3/8λモービルホイップです。

P6_20220320155101

神辺にはAPRS IGATEがあるので9600bpsでも往復とも良く残っています。

P7_20220320155301

会場は運送業?の駐車場でした。

かなり広いです。

写真左奥にハピネスリゾートカフェ本店があります。

P8_20220320155601

マンゴスチンティーを頂きました。

濃い味でいい感じでした。

コーヒー屋がメインの店のようなので、次回はコーヒーにしようかな。

雨が降りそうだったので11:20ぐらいには会場を出ました。

112kmで2.08l、燃費は53.8km/lぐらいでした。

P9_20220320162801

せっかくなので少し西まで走ってハードオフへ。

アスタティックシルバーイーグルマイクがあって一瞬欲しかったですが、今時のDSP機ではあまりトークパワーに貢献しないらしいですね。

P10_20220320163001

帰りの途中にある井原鉄道井原駅です。

P11_20220320163201

唯一の有人駅とのことでしたが、駅員はいなかったです。

いる時間がかなり細かく分かれているようです。

これでは定期券が買えないんじゃないかな。

P12_20220320163401

P15_20220320164401

ひだまりカフェぽっぽやで昼食にしました。

P13_20220320163501

数量限定らしいひだまりランチ750円です。

ごはんは増量できるそうですが、普通にしました。

ごはんとみそ汁以外はつめたいです。

すぐに出てきたので作り置きでしょう。

寒い日だったのでちょっときつかったです。

客は老夫婦とか家族連れとか入ってきたのでまあまあではと思います。

P14_20220320163801

カレー麺にしてみれば良かったかな。

|

2022年3月19日 (土)

IC705SMeterを改造して右ボタンを押すと送信してSWR測定できるようにする(動画あり) #M5Stack

P4_20220319222701

IC705SMeterがV2.1になりました。

左右ボタンでバックライトの明るさ調整が可能になったようです。

私は古いFIREなのでそういうボタンがありません...。

BASICやGray,Core2では使えるようです。

せっかくのお手本があるので、かねてからやってみたかったCI-Ⅴの制御に挑戦してみました。
SWR表示が出来るのにキャリアを入れる操作が出来ないので、3ボタンで画面切り替えを左1つだけでトグル切り替えにして、余った右ボタンにTune機能を付けてみました。
押すとVFO Aの現在の周波数で5秒程度FMで送信して、その間にSWRを測定して送信停後に表示します。
左ボタンを押すと通常のモードに戻ります。
中央ボタンは現在未実装です。
ATUのTUNEボタンがあると面白いかも知れないですね。

P5_20220319223901

主な改造点はtasks.hのbutton関数をトグル動作に変更、function.hにSWRチューンとCI-Ⅴの送信だけ行う関数sendCommand2を実装しました。
M5Stackは非常に遅いので、bluetoothの送信が途切れる、つまりコマンドが通らない場合があるようです。
元のsendCommandはSメータ等の値を読み出すのが目的なので凝ったことをしていますが、そのまま使うとおそらくバッファ処理が間に合わず遅くなってしまうようです。
とにかくコマンドを送信するだけ、という手抜き関数にしたせいか、まあまあ速くなりました。
組み込みマイコンのつらいところでもあり、工夫のし甲斐があるところでもあるでしょう。

|

2022年3月13日 (日)

スーパーカブ110(JA10)で岡山桃太郎空港に行きJAL234便の離陸を見学(動画あり) #スーパーカブ

P4_20220313133201

株鷲以後丁度2か月乗っていませんでしたが、暖かくなったのでリハビリです。

セル一発でエンジン始動出来たのでバッテリーも大丈夫なようで何よりです。

約25km離れた近場の岡山桃太郎空港まで1時間弱です。

P5_20220313133501

今回スマホの電源をUSB-Cネイティブ対応のシガライタ接続に変えてしっかり充電出来るようにしました。

放出されるノイズが減ったのでAPRSが良く残っています。

P6_20220313133701

キュアラメールは卒業ですね。

ケースだけ再利用して中身は分解する予定です。

東映アニメーションのサーバクラックでデパプリ放送中止になって残念です。

岡山桃太郎空港までの走行動画です。

P7_20220313134201

第3駐車場の駐輪場に停めます。

第4駐車場が大部分が閉鎖になっていて、途中カラーコーンで入れないようにしていました。

お客がいないんですね。

P8_20220313134501

P9_20220313134501

ヤマザキショップ1周年だそうです。

昨年1月にポプラがローソンに併合された時に閉店になったうちの1つでしたが、総社の工場のあるヤマザキパンに依頼して入居してもらった経緯があります。

P10_20220313134801

無料の送迎デッキから10:05発羽田行きJAL234便の離陸を見てきました。

P11_20220313135001

飲食店はうどん屋、ラーメン屋含め閉店していました。

ファミリーレストランのシャロンが閉まっているのはちょっと残念です。

P12_20220313135201

サンマルクカフェは営業していますが、飲食店とは言い難いです。

P13_20220313135401

今回は油量計半分消費で2l給油でした。

古いガソリンで走ったので燃費については計算しないことにします。

しかし高くなりましたね。

先週は159円だったのですが、一気に4円も値上げです。

戦争反対!

|

2022年3月12日 (土)

M5Stackを使ったIC-705用外部SメータIC-705 SMeterとDXTracker

QST4月号に記事があったので検証しました。

P4_20220312122001

IC705SMeterはM5StackとIC-705とbluetooth接続してアナログ風Sメーター表示をするアプリです。

CI-Ⅴで出力、S、SWRの値を取得して描画しているようです。

VSCodeを使ったビルドや書き込み方法はこちらを参考にしました。

P5_20220312122601

上の説明は古いバージョンのようで、現在ではターゲットの情報やビルド、Uploadのボタンは全く違う場所にあるので気をつけましょう。

P7_20220312124801

無線LAN接続でWebサーバ内蔵で画面のスクリーンショットが取れます。

画面が小さいのと針の動きが1秒程度での更新で緩慢なので技術的興味は引かれますが実用度はいまいちです。

P6_20220312123001

DXTrackerは無線LANでインターネットに接続して、グレーラインやソーラーインデックス、DXクラスタのスポット(衛星通信含む)が表示出来ます。

P8_20220312125001

ティッカーは横スクロール表示です。

2本ともソース内に無線LANのアクセスポイント(後者は自局の緯度経度も)情報がハードコーディングされているので自分でビルド出来る方のみ使いこなせます。

作者のF4HWNはフランス人なので、ドキュメントは当然フランス語です。

挑戦のし甲斐がありますね。

|

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »