« IC-705からElecraft T1を制御するインターフェースの製作(動画あり) #IC705 #ham #elecraft #T1 | トップページ | Oneplus6上のWindows11 ARM64からx64版WSJT-XでIC-705を制御出来た #IC705 #FT8 »

2022年4月21日 (木)

備忘録:Oneplus6にWindows11を入れてデュアルブート

P4_20220421211301

P5_20220421211401

P6_20220421211501

P7_20220421211601

このあたり本家をよく読んで。

boot AにTWRP,boot BにUEFIを入れました。

1.Android10最終版のOxgenOS10.11にする。

11はNG。

この辺にいろんなストックROMがあるので潰れるのを覚悟でやってみよう。

2.boot unlockしてTWRPを入れる。

twrp-3.6.1_11-0-enchilada.imgを入れました。

良くある話なのでぐぐってね。

TWRPのbootメニューにブート領域のA/B選択があります。

3.パーティションを切ったりしてWindows11を入れる。

パーティションを切った後のフォーマットは一度本体を再起動してマウントされている状態で行う。

4.本家ではcoyp adb sideloadでpartitionを入れるようなことを書いてあったが、入れたらAndroid側の日本語が豆腐になったので省略()

最新のTWRPだと対策されているみたいです。

5.fastboot flash boot_b boot_DEVICE.imgでBパーティションへUEFIを入れる。

UEFIは起動時のプログレスバーが出ているときにVol上を押すと設定画面になります。

6.Windows11はなぜかUSB-C Hub経由ではないと充電しない

充電器直結は避けましょう。

かなり手抜きですが、一応動いています。

良い子はマネしないでね。

|

« IC-705からElecraft T1を制御するインターフェースの製作(動画あり) #IC705 #ham #elecraft #T1 | トップページ | Oneplus6上のWindows11 ARM64からx64版WSJT-XでIC-705を制御出来た #IC705 #FT8 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事