2016年11月18日 (金)

メモ:Gigast Ver3のソフトをWindows10 Pro 64bitで動かす方法

10年前の簡易スペアナ、Gigast Ver3を現代に復活させます。
最低のスパンが10MHzなのでアマチュア無線には使いにくいですが...。
事前準備として、PCに9Pinメスのシリアルポートがあること。
USBシリアルでも可。

1.ファイルをHDDに置く(D:\GIGFAST等)
2.Gigast30.exe.ショートカットを作成する。
3.スタートボタン右クリックでコマンドプロンプト(管理者)を起動する。
4:Gigastのソフトが置いてあるHDDのディレクトリをカレントにする。
5: regsvr32 COMDLG32.OCX
6エラーが出なかったら.残りのMSCOMM32.OCX,MSVBVM60.DLL,OLEAUTH32.DLL,VBJP.DLLも行う
7.起動してみよう!

P1

サテライトの機材を全部処分してしまったのでちょっともったいないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月26日 (月)

C87新刊「海外でアマチュア無線を運用して思ったこと」kindleで販売開始

この度Amazonよりkindle向け電子書籍として扱っていただけることになりました。
諸事情で即売会直販価格より値上げしていますが、ぜひお買い上げください。
日本のAmazonでは300円、他国のAmazonでは$3です。
kindle本体をお持ちでない方でも、PCやスマートフォンアプリで読むことが可能です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月10日 (金)

テンちゃん

P1_2

日本語版はまだ出てないようですが、LanguageをJapaneseにしたらモダンUIの一部が日本語になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月27日 (土)

T91MTにBluetoothを内蔵する(失敗)

外部に出ているUSBが2つなので、周辺機器を繋ごうと思ったら結構つらいです。
せめてBluetoothが使えたら。
リテール版は内蔵しているそうですが、残念ながら入っていません。
パターンはあってもコネクタが無いらしいです。
無線LANモジュールをWi-Fi+BTのものに入れ替えたら出来るのではと実験してみました。
結論は失敗なので安心して下さい。

P1_2

ここですね。
Wi-Fi+Bluetoothに入れ替えたら行けるのではと安易に考えました。
アンテナ線が1本しかないのが残念です。

P2_2

こんなのに入れ替えてみましたよ。
Mini PCI-eにWi-Fi,USBにBluetoothだそうです。
アンテナが2本繋がるのですが、1本だけで実験です。
...あかん。
無線LANカードとしてはあっけなく認識して実際にアクセスポイントへ繋がります。
しかし、Bluetoothはデバイスマネージャに全く出てきません。
BIOSの設定を変えても同じ。
仕方ないので元に戻しました。
ちゃんちゃん。
おそらくこのMini PCI-ExpressスロットにはUSBが出ていないものと思われます。
USBを使わないモジュールが存在したらあるいは。

続きを読む "T91MTにBluetoothを内蔵する(失敗)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月22日 (月)

T91MTのSSDにWin8.1を入れる

P1

途中のWin8。
折角なので頭にEFIが行くようパーティションを切りなおしました。
アップグレード版でもDVDから起動して、既存のパーティションにOSがインストール済なら切りなおせば可能です。

P2

Win7よりは若干速いかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月20日 (土)

T91MTのSSDを64GBに交換する

リカバリは無事済みました。
良かった~。

32GBはWindows8.1も一応入るサイズですが、やはり心許無いのでせめて64GBにしたいです。
SSDですが、mini PCI-Eの5cm高、PATAのものが使えるかもしれないそうです。
RUNCOREのが動くとか動かないとかだそうですが、ディスコンで今となっては手に入らないようです。
困った時のKINGSPECということで、それらしいものを探してきて注文しました。
Amazonで8200円もしましたよ!
動かなかったらパーです。
どうもかつてのEee PC 900-X内蔵SSDと同じ仕様のようです。
裏ぶたを開けて簡単に交換できる方では無く、バラバラにしてようやく交換できるCドライブの方ですね。

P1_3

結構まともな梱包です。

P2_2

キーボードはEee PC共通の上のノッチ3か所を押さえて引っ張り上げたら外れます。
キーボード下の見えているねじは全部外します。
封印の下もですよ。
それから写真ではまだ外していませんが、回転ヒンジ本体部分を時計ドライバーでこじ開けて外すと液晶を固定しているねじが4本あるので外します。

P3

裏の見えているねじを全部外して、RGB出力部分に爪を入れて一周すると裏蓋が外れます。
イヤホン端子側は最後にして、先に向かって右側を外します。
ノッチではまっているだけですが、手前部分は結構堅いです。
少々折れてもねじで止まるのであまり気にしなくても良いです。
図の位置がSSDなので黒い物体を剥がします。

P4

右上のねじを外すとSanDiskのOEM向けSSDモジュールが出てきます。
あまり性能が良くないという話です。
買ったSSDは長いので、上の部分を折ります。

P5

穴の位置が微妙に外側です。
これもEee PC 900-XでInspiron mini9用SSDを使いまわすと起きる現象ですね。
ついでに言うとアクセスランプが全くつかなくなるので、これも一緒です(^^;
ハンダブリッジで何とかなれば良いのですが、見た感じどこにも繋がっていないので相当解析しないと無理かも...。
TP何とかと基板の端のピンをジャンパとかで行ければ良いのですがね。

P6

BIOSで認識していますね!
5-6回入れては外してを繰り返したのはひみつです。
ただ、SATAという表現はあってもAHCIとかの設定が全く無いのでハード的にPATAということのようです。

P7

容量もほぼ64GBで認識しているので成功です。
あとはリカバリしてうまく行くかです。

P8

キタコレ!
しかし、再起動に失敗するようで、画面が固まっていたら電源を強制OFF/ONを数回行った結果です。

P9

何か変なパーティション構成。
EFIが真ん中にあるのはいいのかな?
再起動失敗の原因かも知れないです。
D:に相当する部分はあとでフォーマットしてドライブレターを割り当てました。

P10

速度チェックです。
シーケンシャルリードはPATAの規格いっぱいまで出ている感じです。
書き込みもプチプリは感じないです。
CPUがしょぼいのでアレですが、容量の余裕が出来たので少しは使い勝手が良くなるかな?

BIOSが最新みたいなので、本物のSATA SSDが使えるのか試してみたいですが、タマは多いようですがお値段が高いので人柱になれそうに無いです...。
認識してくれればNCQやTrimに対応するのでより体感速度が上がりそうです。
しばらくはこれで遊んでみましょう。
良い子は14800円のPCに8200のSSDは本末転倒なので、素直にタブレットPCを買う方が良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月19日 (金)

Eee PC T91MTを入手

P1_2

アプライド倉敷店14800円で売っていました。
あまり安くないですが、小さい筐体にワンセグチューナーとマルチタッチ対応タッチパネル装備らしいので、何かに惹かれるので身請けしました。

Win7 Starter 1GB 32GB SSDというスペックです。
リテール品はWin7 Home Premium 2GBらしいので、おそらく100円PC用なんでしょうね。
とりあえずリカバリDVDから戻してみます。
ぐぐると倍容量のデュアルレイヤーのメディアらしく、読めないドライブがあるとかないとか。
それは怖ろしいな...。
確か昔買ったProAtrasW3がそんなフォーマットだったような気がしますし、今のところ読むのは読んでいますが。
明日以降続きの記事がもしあれば、きっとリカバリ出来ていると思って下さいw
バッテリーは分解しないと交換できないそうですし、素人向きではないモデルのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

Ecc PC 900HAのAHCI化

海外含め移動運用に使っているEee PC 900HA。
64GB SSDにWin7をインストールしていますが、ディスクアクセスがいまいち遅いです。
どうもOS的にはPATAとして認識しているようなので、強制的にAHCIとして認識させます。
インターフェース的には上限133MBが150MBにちょっと上がって、NCQやTrimが効くようになるのでSSDとの相性が上がるでしょう。

P1

インテルチップセットドライバをインストールするとこんな感じで見た目はSATAです。
次ににレジストリを書き換えると、体感でも分かるぐらい速くなりました。

P2

100MB/Sec越えでウマ~。
2009年ごろのAtomなネットブックなら大概似たような構成なので行けるかもしれません。
少し寿命が延びました。
HDDのままでも少しはましになりますが、SSD化することをお勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月17日 (水)

ThinkPad X100e用リカバリメディアを入手

P1

放置状態だったX100eですが、純正のリカバリDVDが入手出来ました。
純正なのでプロダクトキーの入力無し、ライセンス認証もオフラインのままで完了です。
レノボのロゴがいいですね。
壊れなければWindows7サポート完了の2020年まで遊べそうです。
32bit版なので、メモリは1GB2枚にしました。
3GBの方がもちろん良いですが、デュアルチャンネル動作させたいですしね。
画面が1366×768ドットなのでかつてのネットブックよりはマシです。
Windows8を入れたらそのままでモダンUIが動きます。
発売当時は69800円したそうですから、ネットブックの範疇では無かったのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 5日 (土)

ThinkPad X100eは熱過ぎ

さすがはAMD、底が厚くなりすぎて普通に熱暴走しますよ!
扇風機当てないといけません。
電池も2時間持たなかったです。しょぼ~ん。
2010年のモデルにしてはまあまあの速度なんですけどねえ。א

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧