2014年3月 6日 (木)

パイオニアのノイズキャンセルヘッドホンを入手

P1

ソニーのノイズキャンセルヘッドホンを持っていますが、密閉型で大きいのでもっと小さいものが無いかと探したら、パイオニアで安価なのがあると聞き買いました。
Amazonで4209円送料無料でした。
Amazonギフト券3000円分を持っていたので、1209円で買えました。

P2

本体以外に飛行機用アダプタ、パナソニックの単4電池、スペアのイヤーピースが付属です。
イヤーピース部分が結構長く、装着だけで耳栓状態で結構遮音します。

P3

注意書きです。
電源OFF時(スルー)には電池不要なので、おかしいと思ったらまず電池の残りではと思います。

P4

今まで持っていたソニーのヘッドホンとの比較。
当然でかいですが、一応密閉型で作りは良いです。

iPhone4Sと繋いでの主観は、内部ヒスノイズが消えていい感じです。
また、エアコンの動作音もほとんど分からなくなります。
Wi-Fi使用時にノイズが乗るという話を聞きましたが、そんな感じは無いです。
Bluetooth ONでも変化ありません。
電池切れになると分かりませんが。
没入感はソニーの勝ちですが、密閉型の構造上遮音性能が良く、耳栓部分が無くてストレスにならない分多分に心理的なものです。

P5

ちょっと過酷ですが、FT-2000Dに繋いで7MHz SSB 200W送信してみました。
全く回り込みません。
2Op運用時にも使えそうです。
当然ですが外部の人間の声はキャンセルしないのでご注意を。
飛行機内でアナウンスが聞こえなくなったら危ないでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

ハードオフで拾ったワイヤレスヘッドホン

Wh

ジャンク売り場で1280円だったので買ってみた。
買ったのはソニー製だが、ビクターのもあった。
1998年製らしいのと、イヤーパッドが破れていたので安いようだ。

説明書はここで簡単に手に入る。
家電メーカは大概PDFで置いてあるようだ。
特にアメリカ向け製品だと法律で入手できるようにしないとダメらしいので絶対にある。
まずは型番でぐぐってみようね。

電源は付属の単3ニッカド電池1本だが、単3アルカリ電池でも動いた。
トランスミッターで充電できる。
音質は電源が電源なので、まあまあかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

倉敷音楽祭

kos

CQ水島で貰った白QSLカード。
毎年貰えるのだが。
第20回倉敷音楽祭をしっかり宣伝してくださいとのことだ。
3/19を過ぎたらあまり意味が無くなってしまうのだが。
(もちろん本来のQSLカードとして使えば良い)

クラハムやウェスタンレディオでもらえるのかどうかは不明だが、QSLカードを発行したいが金が無いという貧乏ハムの方は在庫は多数あるようなので貰いに行ってね。
ただだから。
そして、しっかり発行してね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月15日 (日)

Rio 500を貰う

じょんぶるさんから使っていないRio 500を強奪。
リサイクルするのだから環境にやさしいぞ。

さて、Windows2000すらサポートしていないのでどうするべ、というのはほぼ調査済みで結論は前に書いたが、元から入っている曲の嗜好。
本当にサンライズのロボットプロレスが好きみたいね。
勇者、パトレイバー、ガンダム...。
容量が限られている時は私なら絶対に入れない類の曲だ。
どこがいいのやら。
あと、時代劇。
大江戸捜査網でつか。

さっさと消すかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)