2018年7月15日 (日)

関ハムのFCC試験

P4
P5

初日は災害の影響で、当日スタッフが避難していた歯科に代替で通院になったので、最終日のみの参加となりました。
初日の様子については分かりません。
今日はAmateur Extraが出て何よりでした。

アメリカのアマチュア無線資格は一番下のElement2から受験することが鉄則です。
日本で1アマを持っていようが、既に「アメリカの」ライセンスを持っていることが確認出来ない場合は必ずElement2から受けてもらいます。
一番下級だから簡単だろうと思われるでしょうが、簡単なのは無線工学の範疇だけです。
問題のほとんどは、日本で言う法規に近い内容です。
Technicianでも50MHz以上でキロワット出せるのと、アメリカでは常識ですが、日本の常識からかけ離れた内容が出ることもしばしばです。
第三者通信やARES等日本に無い制度もたくさんあります。
また、Element2,3,4は、問題の重複がありません。
Element4のQuestion Poolだけ覚えたら良いだろうというのは通用しません。
日本で1アマを持っている人がElement2を何回も不合格になる事象はありがちなのです。
計算で回答が出る問題はほとんどありません。
あちらでライセンス失効して、2年間の猶予期間が過ぎた人が再開局する場合、今はElement2の受験をして合格することが求められています。
日本より厳しいですね。
逆に言えば現在のアマチュア無線のトレンドに合わせて数年ごとのQuestion Poolの改定が行われているということです。
受験を希望される方は、Element2をなめてかからないよう、確実に合格できるまで勉強されることをご忠告いたします。
出来ましたら事前申し込みを行っていただくと、そのあたりがより分かると思います。
逆に言うと、Element4は殆ど無線工学で、法規に近い内容はVE制度に関することだけです。
いかにElement2にエッセンスが詰まっているか分かると思います。
(ちなみにElement3は日本には概念の無いバンド内バンド等、細かい数字を問われる問題が出ます)

次回は10月ごろに神戸で開催を考えているそうです。
開催1月前をめどにWebにて発表があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金)

MMDVM:DAPNETアプリでHotspotからPOCSAGメッセージ送信出来た

P5
P6_2
P10

Android用DAPNETアプリで、メッセージの送信が出来ました。
単にこのアプリで送信するだけなら端末IDのRICの取得だけで、送信機登録まではいらないです。
あて先はコールサインの一部を入れると候補が表示されるのでいい感じです。
送信範囲はHotspot全部(all)とか日本全部(ja-all)とか選択できます。
直訳ですが、部分的には日本語化されています。
日本語で送信出来るかは不明ですが、送信自体はしました。
正しく送信されたか、文字コードが正しいかは不明です。

P8

こんな感じでPDWにてデコードできました。
なかなかおもしろいです。
アプリがあればHotspotやページャはいらないだろうという突っ込みは無しの方向で。

P9

Rubric番号(グループみたいなもの)を登録して、ショートメッセージをブロードキャストさせると実機のページャが欲しいと思えるのではと思います。
既にDXクラスタや地域限定情報などあるようです。
端末側で複数RICを登録できるので、あえて公開用RICの範囲を設定してあるようです。

P11

Pi-StarではOLED表示が既にDAPNET対応になっています。
なお、別モードで送信中はDAPNETでの送信はしないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

アマチュア無線家専用SNS https://hamtter.net/ 利用者募集中です(Mastodon最新正式版V2.4.3) #hamradio

P13

アマチュア無線家専用SNS "https://hamtter.net/"は利用者を募集しています。
オンラインサインアップ出来ますので、是非とも参加をお願いします。
今朝リリースのMastodon最新版V2.4.3正式版で稼働しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月11日 (水)

MMDVM:Pi-Starで無線呼び出し(ページャ)送信実験成功

P6

DAPNET
のWikiにある通りにID取得、送信機登録を行いAuthKeyを取得して、今朝公開のPi-Star 3.4.16でとりあえずPDW 3.12とFT-991で送信周波数に合わせてFMモードにして、USBサウンドからそれらしいデコードが出来ました。
FT-7800 20Wはモデムの対応ファームウエアが不明なので、ファームウエアを最新1.4.0にした自作Hotspotにダミーロードを付けて送信させてみました。

Androidスマホからのメッセージ送信は今のところうまくいっていないです。
もっとも本物のページャが手に入らないとあまり意味がありませんが。
参考に設定画面等を載せます。
Pi-Starの設定はConfigurationでPOCSAGをONにして、送信機登録した登録したコールサイン、送信周波数、AuthKeyを登録するだけです。
Pi-Starの設定後更新を押してから実際にネットワークに繋がるまで10分程度放置が必要です。
ページャ向け送信は結構な頻度で送信しているようです。
周波数はあちらではバンドエッジぎりぎりの439.9875MHzですが、日本では全電波形式の438MHz台になるでしょうか。

P7
P8
P9

なお、DAPNETでの日本人の登録は現在私しかいないようです。
JA局全員向けのJA-ALLなるグループコールはすでにあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月10日 (火)

MMDVM:Pi-Starで無線呼び出し(ページャ)サポートなので、変更届を出してみる

Euにはハムバンドでページャ(無線呼び出し)を運用しているDAPNETがあるのは知っていましたが、ラズパイのサウンド機能で送信とかいろいろ面倒そうなので見てるだけでした。
昨日公開のPi-Star 3.4.16とMMDVMモデムでPOCSAG規格(日本の現存する会社だと東京テレメッセージが採用)のページャへ送信する機能が付加されたので、とりあえず変更届を出してみました。

P4
P5

こんなものでいいかな?!
東京テレメッセージの免許内容や、日本語/英語版Wikipediaを参考にしました。
一応届を出したのでこれで送信できると思います。
実際はDAPNET関係のID取得とかで(DMR IDを流用らしいが)いろいろ手続きがいるようですが。
メッセージ送信ソフトはAndroid用アプリがあります。
受信はとりあえずRTL-SDRで出来るようです。
本物のページャでアマチュアバンド対応の物があるそうなので、いずれは入手してみたいです。
ページャは今となってはスマホに駆逐されましたが、末期は単三電池1本で何日も受信できましたから、この度の災害等あった場合に有用なのではと思っています。

※ページャとはいわゆるポケベルのことですが、かつてNTTドコモがサービスしていたものとは方式が違うので一般名詞のページャとしました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月27日 (水)

【募集終了】USB接続MMDVM Hotspotの有償頒布について

以下は完成品については募集を終了しています。
応募なさらないようお願いします。
----------------------------------------------------------------------------------------
P4

JARDで保証認定が通せる自作デジタル音声(MMDVM)Hotspotですが、以前よりプリント基板のSASEでの実質無償頒布を行っていますが、今のところ完成したという報告はありません。
基板自体はそれほど難しくないのですが、
1.部品の入手難
2.FSKトランシーバTCXOの交換が技術的に難しい
3.BluePillの書き込みが分からない
という壁があるようです。
1番目は中華のaliexpressは怖いと思いますし、実際何度もOpenDisputeを発動したことがあります。
決済口座が漏れるのが怖い方は銀行口座から即引落のVisaデビットや、Webmoney card等でクレジットカード相当の機能があるチャージ式のものが使える場合があります。
口座残高やチャージ額を決済額ぎりぎりにしておけば経済的な被害は少ないと思います。
2番目ははコツとしては100W程度の高出力のはんだごてを十分温めておき、左右から当ててTCXO自体を高温にしてからつつくと意外と簡単に外せます。
取り付けは無理をせずに新しいTCXOにリード線4本をあらかじめはんだ付けしておいてから、1本づつ取り付けると成功しやすいです。
今まで4台作業してみましたが、ランドをお釈迦にしたのは無理して直接取り付けようとした1台だけです。
最後はF5UUIの説明通りに行えば比較的簡単に出来ますが、3.3VUSBシリアルやラズベリーパイを用意するのが大変みたいですね。
どのみちPi-Starを使うつもりなら1台必要なのですが。
なお、こちらではラズパイZERO W+USBホストケーブル、NanoPi NEOでの書き込み実績はあります。
Pi-Star上に説明通りビルド環境を作れば良いです。

なお、まだ基板+TCXOは3枚余剰がありますので、SASEでの頒布は継続しています。

続きを読む "【募集終了】USB接続MMDVM Hotspotの有償頒布について"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月23日 (土)

アマチュア無線家専用SNS https://hamtter.net/ 利用者募集中です(Mastodon最新正式版V2.4.2) #hamradio

P4
P5

アマチュア無線家専用SNS "https://hamtter.net/"は利用者を募集しています。
オンラインサインアップ出来ますので、是非とも参加をお願いします。
2日前にリリースのMastodon最新版V2.4.2正式版で稼働しています。
Twitterに言及したアグレッシブさがいいですね。
ホットキーはキーボード操作だけで閲覧できる機能だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

久しぶりにAPRS IGATEの環境を整備する

一時期やめていましたが、数年前から復活しています。
いろいろあって少しまじめにやろうかと思い、今風に環境整備をしました。

P4

20年近く上げっぱなしで同軸ケーブルが腐ってきたので交換です。
何と50-430MHz用アンテナなのに3D-2Vですよ。
5D-FB 15mに変えました。
結果どうなるか楽しみです。

P5

無線機は先日9600bpsパケットも追加したTM-733Gです。
もちろん144.64MHz GMSK 9600bpsで繋ぎます。
VxVが出来るので、サブバンドに144.66MHz 1200bpsを受信させてTINY-2で復調させます。
残念ながらサブバンドで送信が出来ないので(PTTがデータ端子と共通のため)こちらは受信専用です。
アンテナ1本で済むので便利です。
これがTM-D710だと内蔵TNCが左、データ端子が右で出れて、両モード同時送信が出来ない以外は(出来ても同じバンドではほとんど意味が無いが)理想的な運用が出来るのですが。
MMDVMモデムとの相性は良くないですが、2値のGMSKはまれに兵庫県のデジピータ拾うことがあるので問題無いです。
IGATEはパソコンにWIndowsだと大きくてうるさいので、ラズベリーパイ3 B+にしました。
ファンが無く動作音が無音なので睡眠障害のある自分に良いです。
今時のラズパイはYoutubeがまともに全画面再生出来てその性能にびっくりですね。

P6

ソフトは懐かしのXASTIRです。
10年前によく使っていました。
今はパッケージになっているのでapgでインストールして起動するだけでおしまいです。
ちゃんとセーブさえすれば設定が飛ぶことも無く安定していますね。
TNCは複数台繋がるのでUSBシリアル経由で2台繋いでいます。
パケットのトレースが出来るので常時表示させています。

P7

上の地図で見えていますが、せっかくの快晴なので美観地区まで歩いていきました。
大原美術館付近は以前はなかなか届かなかったのですが、APRSも同じアンテナでデュプレクサ経由で繋いでいるMMDVMモデム(FT-7800)も振り切れです。
APRSも振り切れです。
投資相応の効果はあったようです。

しばらくこれで使おうと思います。
MMDVM含め全て自前の設備資金で動かしている実験であって周波数や使えるモードは常に変化していますが、デジタル音声はVoIP周波数内で出ているので試しに使うのはかまいません。
DMRは常時動かしていますが、D-STARやFusionは止めることがありますし、接続先リフレクタも不定です。

以前EchoLinkを止めたときによそのエリアの方が長期出張で使っていたようで、えらく文句を言われたいやな思い出があるので、実用目当ての方はご遠慮いただくよう念のために申しておきます。
当方急に入院することがあり、そうでなくても長期間家を空ける場合は普通に止めますので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

NextionもどきのTJCで日本語を表示させる

P9

Aliでよく見かける中文版のTJC液晶は、このようにソフトまでほぼNextionのぱちもんなのですが、NextionのHMIやTFTファイルは使えません。
とはいえ、ごりごろ手入力すれば同等機能を使えます。
お値段も送料込みで1400円程度からとお手頃ですし。
中文版なので当然漢字表示が可能ですが、日本語が表示出来たらおもしろいですよね。
実際はテキストボックスの初期値に漢字が入る程度にしか出来ないですし、そもそも固定文字は画像にしてしまえば(特にPNGだと画素が荒れない)良いのですが一応実験です。

P8

要は日本語フォントを作れば良いのです。
上の工具にある1つしかないメニューです。
フォントはPCにインストールされているものは全部使えるようです。
エンコードはGB2312にして、big5はだめです。
フォントサイズは好きにすれば良いですが、大きくするとメモリ不足でコンパイル時にエラーが出ます。
全てドットフォントに変換するためです。
種類は絞った方が良いでしょう。

最後に追加するかと聞いてくるので是を選ぶと左下のフォント一覧に追加されます。
文本がテキストボックスです。
先にフォント番号を先ほど追加した日本語フォントにしてからtextに日本語を入れると???にはならずに表示できます。

化ける文字が出るので固有名詞では困ることがあるかも知れませんが、言い回しを変えれれば実用的かもしれません。
新規に買うのはあまりお勧めはしませんが、間違って買ってどうしようと思っている方は挑戦してみて下さい。

そういえばuBitxのKD8CEC 1.9はNextion対応にするそうですね。
タッチパネル操作対応で、見た目はスペアナの無いIC-7300みたいだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月13日 (水)

MMDVM:Nano Pi NEOの内部USBを使ってNextion LCDを接続他

P4

放置状態だった元ubitx用に買ったケースの復活です。
Nano Pi NEOを入れた段階で終わっていました。
昔買って放置状態だったUSBメス端子が発掘されたのと、USBシリアル経由で現在遊休品になっているNextion LCD内蔵することにしました。
シリアルコンソール用の端子が流用出来たらよいのですが...。

P7

男の子ならみんな大好きな内部構造です。
GPIOの反対側、写真右の列にUSBが2系統出ています。
手前の2,3番を使ってみました。
一番手前が+5V,一番奥がGNDです。
ついでなのでPTT/COS LEDを外して、姫路ミーティングで貰った3000個の青色LEDをフロントパネルに付けることにしました。
GNDに対してマイナス電圧が出ているようなので、LEDの繋ぐ向きにはご注意を。
電流制限抵抗はマウント済なので不要です。
後で残っている内蔵LEDに並列に繋いでも光ったので、ドライブ能力は充分あり、内蔵LEDを外す必要は無い感じでした。
GND側にスイッチを付けて、OFFにすると液晶、LED共に消灯します。
消費電力低減と、つきっぱなしは夜寝る時にまぶしいので必要です。
今回ハンドニブラで液晶の枠を切ってみましたが、慣れると結構真っすぐ切れますね。
最後はやすりで仕上げましたが...。

P5

一応後ろも張り替えました。
Nano Pi NEOが蓋を止めるネジに干渉したので少し移動させたので、前の穴の目隠しの意味もあります。
ファンの穴は面倒くさくなったので全部カットしました。

P6

送受中は画面が変わります。

最初の写真のように何とか補完させることが出来ましたが、この画像データを飛ばしてしまいました。
穴の位置がさっぱり分からなくなったので残念...まあまた測りなおして全然違う雰囲気にすれば良いのですが。
臓物が増えましたが、現在のCPU温度が40度なのでまあまあでしょう。
深夜で頭が回らないせいか、ファンをとめる4mmボルト1本とケースを留めるネジ用ワッシャ1つが行方不明です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧